PACファイルとsimple.httpでネットサーフィンがとても快適になった

最近いろんなサイトが海外からのアクセスを受け付け内容な設定になっていることが多い。自分もアメリカのサイトに日本からアクセスしてだめだったらその逆もあったりした。

そこで役にたつのがProxyまたはVPNである。

VPNの場合は、IPレベルで変更されてしまいいろいろなプロトコルのルーティングが変わってしまうので、私はずっとProxyを使っている。

Proxyを使う上でおすすめの設定を以下の通りまとめる。

PACファイルとsimple.httpでネットサーフィンがとても快適になった «PACファイルとsimple.httpでネットサーフィンがとても快適になった»” class=”more-link”>続きを読む PACファイルとsimple.httpでネットサーフィンがとても快適になった «PACファイルとsimple.httpでネットサーフィンがとても快適になった»

Airbnbを使ったら家族の宿泊ではホテルよりAirbnbが断然いいなと思った

最近東京に長期で宿泊する必要があり、Airbnbを初めて利用した。ホテルではないため、若干の不安を覚えつつ、実際に体験すると非常にいい体験だったのでそれを共有。

特に家族連れ、あるいは、単身で宿を取る場合でもAirbnbってかなりいいんじゃないかと思うのでそのポイントをいかにまとめる。

なお私は、日本でしか利用したことがなく、海外ではまだ使ったことがないので、今後海外でも利用した際にはどうだったかのポイントをいつか書く。

Airbnbを使ったら家族の宿泊ではホテルよりAirbnbが断然いいなと思った «Airbnbを使ったら家族の宿泊ではホテルよりAirbnbが断然いいなと思った»” class=”more-link”>続きを読む Airbnbを使ったら家族の宿泊ではホテルよりAirbnbが断然いいなと思った «Airbnbを使ったら家族の宿泊ではホテルよりAirbnbが断然いいなと思った»

ロリポップサーバのCGIでlscgid: execve():/home/xx/public_html/cgi-bin/perl.cgi: No such file or directoryのエラーに遭遇した

ロリポップ上にCGIを構築する案件があった。

フレームワークがありふれている中で、今更CGI?という案件だが、レンタルサーバで動かす以上、未だにフレームワークを動かせないことがおおいので仕方なく使うことは未だにある。

ロリポップサーバのCGIでlscgid: execve():/home/xx/public_html/cgi-bin/perl.cgi: No such file or directoryのエラーに遭遇した «ロリポップサーバのCGIでlscgid: execve():/home/xx/public_html/cgi-bin/perl.cgi: No such file or directoryのエラーに遭遇した»” class=”more-link”>続きを読む ロリポップサーバのCGIでlscgid: execve():/home/xx/public_html/cgi-bin/perl.cgi: No such file or directoryのエラーに遭遇した «ロリポップサーバのCGIでlscgid: execve():/home/xx/public_html/cgi-bin/perl.cgi: No such file or directoryのエラーに遭遇した»

シスコのネットワークモジュールの対応SFPやデバイスのSFPの互換性をチェックする

シスコでどのSFPが対応している、などを調べるにあたってシスコいいツールを出しているので備忘としてメモする。

シスコのネットワークモジュールの対応SFPやデバイスのSFPの互換性をチェックする «シスコのネットワークモジュールの対応SFPやデバイスのSFPの互換性をチェックする»” class=”more-link”>続きを読む シスコのネットワークモジュールの対応SFPやデバイスのSFPの互換性をチェックする «シスコのネットワークモジュールの対応SFPやデバイスのSFPの互換性をチェックする»

シスコのIOSが起動しないときの対処

最近プロジェクトでIOSが起動せず現場で冷や汗をかいてしまったプロジェクトがあった。

IOSが起動しない、という事象はまず遭遇する経験が少ないため、非常に焦ったのですが、そのときにググりつつなんとか対応できたので、以下に今後のために必要な情報をまとめる。

シスコのIOSが起動しないときの対処 «シスコのIOSが起動しないときの対処»” class=”more-link”>続きを読む シスコのIOSが起動しないときの対処 «シスコのIOSが起動しないときの対処»

ネットワークデバイスのアップグレード方法

Cisco、Fortigete、PaloAltoのアップグレード

最近Cisco、Fortigate、PaloAltoのアップグレード作業を行った。

検証環境でアップグレードすることはあまりできないと思うので、ほとんどがぶっつけ本番の作業になると思う。そのために、以下に参考情報をまとめ、アップグレードを検討している人の参考になればと思う。

ネットワークデバイスのアップグレード方法 «ネットワークデバイスのアップグレード方法»” class=”more-link”>続きを読む ネットワークデバイスのアップグレード方法 «ネットワークデバイスのアップグレード方法»

スイッチのuptimeの確認、電源の確認方法を調べる

障害が発生したときに、スイッチなどのネットワークが悪いのか、サーバなどのデバイスが悪いのか、という調査をしないといけないことがある。

そのときにスイッチ目線で問題がないかを切り分けをするための方法を以下の通りまとめる。

スイッチのuptimeの確認、電源の確認方法を調べる «スイッチのuptimeの確認、電源の確認方法を調べる»” class=”more-link”>続きを読む スイッチのuptimeの確認、電源の確認方法を調べる «スイッチのuptimeの確認、電源の確認方法を調べる»

アプリ開発で使えるAPIサービス

最近アプリ開発をするようになっているが、よくあるのが、バックエンドの準備がめんどくさいということ。

firebaseとか使えば、まあGUIでポチポチできなくもないけど準備するのもめんどくさい。金額も気にするのも面倒。ライブラリを入れるのも面倒。

その時使えるのが、以下のサービスです。

アプリ開発で使えるAPIサービス «アプリ開発で使えるAPIサービス»” class=”more-link”>続きを読む アプリ開発で使えるAPIサービス «アプリ開発で使えるAPIサービス»

ios/androidのアプリをリリースしたので、開発以外で必要な手続き、ツール類を備忘用にまとめる。

アプリを一人で構想、開発、リリースを行った。3日程度ですべてやりきったのだが、いろいろと回り道をしてしまったので、今後もっと簡単にリリースできるようにおすすめのツールや手続きをまとめる。

ios/androidのアプリをリリースしたので、開発以外で必要な手続き、ツール類を備忘用にまとめる。 «ios/androidのアプリをリリースしたので、開発以外で必要な手続き、ツール類を備忘用にまとめる。»” class=”more-link”>続きを読む ios/androidのアプリをリリースしたので、開発以外で必要な手続き、ツール類を備忘用にまとめる。 «ios/androidのアプリをリリースしたので、開発以外で必要な手続き、ツール類を備忘用にまとめる。»

ホテルのWIFI端末制限をMACで回避する

旅行など、家族でホテルに滞在しているときに、大型のホテルだと時たまに、二台までの端末に限る、などの制約がある。二台以上の場合は追加費用を請求されたりする。

じゃあしかたないので、モバイル通信経路で、と思っても、モバイル通信は制御されているのか1Mbpsなどすごい遅い場合がある。

この制限、MACをルータ化すれば解決するんじゃないかと思って、設定していったらうまく行ったので、以下にまとめる。

ホテルのWIFI端末制限をMACで回避する «ホテルのWIFI端末制限をMACで回避する»” class=”more-link”>続きを読む ホテルのWIFI端末制限をMACで回避する «ホテルのWIFI端末制限をMACで回避する»

IOSアプリを申請して広告対応(IDFA)でリジェクトされてしまった件について

最近アプリをリリースしようとしたら、審査でリジェクトされてしまった。

これはIOS14からアプリに広告を付ける場合、ユーザから広告の最適化表示のために情報をトラックしていることを明示、許可を得る機能をつけないといけないためであった。

IOSアプリを申請して広告対応(IDFA)でリジェクトされてしまった件について «IOSアプリを申請して広告対応(IDFA)でリジェクトされてしまった件について»” class=”more-link”>続きを読む IOSアプリを申請して広告対応(IDFA)でリジェクトされてしまった件について «IOSアプリを申請して広告対応(IDFA)でリジェクトされてしまった件について»

CCIEを目指すために必要な作業、勉強に関するメモ

クラウドの時代に今更CCIE?っていう人は多いと思うが、

実は結構まだまだ需要がある。特にソフトウェア経験があり、CCIE持っています、という人はかなりの需要がある。おそらくCCNAレベルのネットワークに関する知識はもういらないっていうは事実だろう。

シスコのスイッチやルーターで設定する、なんてことはほぼない。むしろ、クラウドでポチポチするだけで簡単にセグメントが切れてしまうし、ダイナミックルーティングもポチポチするだけで設定できてしまう。

一方、CCNP/CCIEレベルのネットワーク知識を持っていると、

Hybrid Cloud環境をどうデザインするのか、また、クラウドプロバイダー側でネットワークの設計をどうするか、という時には非常に役に立つ。

したがって、エントリー、ちょっと経験があるレベルのネットワークエンジニアが不要になったのは事実だが、上級のエンジニアの需要は引き続きあるのは事実である。

CCIEを目指すために必要な作業、勉強に関するメモ «CCIEを目指すために必要な作業、勉強に関するメモ»” class=”more-link”>続きを読む CCIEを目指すために必要な作業、勉強に関するメモ «CCIEを目指すために必要な作業、勉強に関するメモ»

BGPで使えるパラメータを備忘としてメモをする

AS_PATH_PREPENDを使ってWANからのアクセスの優先度をつける

AS_PATH_PREPENDを付けることでMPLS網からくるルーティングを制御することが可能になる。

たとえば、拠点A、拠点Bがあるときに、拠点Aがメイン拠点、拠点BがDR拠点のような場合で同じIPアドレスをAdvertiseするなどのケースがあると思う。

その際に、拠点Aと拠点Bが同じIPアドレスのセグメントを利用する場合、MPLSを使っている拠点からは拠点Aに通信を流し、拠点Aが死んだときに拠点Bにトラフィックを流すという設計はわりと行われている。

この時に利用できるのがAS_PATH prependである。

拠点B側でAS_PATH Prependを例えば以下のような形で配信する。その結果、拠点B側は優先的に利用されなくなる。

BGPで使えるパラメータを備忘としてメモをする «BGPで使えるパラメータを備忘としてメモをする»” class=”more-link”>続きを読む BGPで使えるパラメータを備忘としてメモをする «BGPで使えるパラメータを備忘としてメモをする»

Expoでandroidシュミレータが起動しないとき

よく発生するけど毎回忘れるからいかにメモ。

基本は以下のリンクの通りでいい。つまり、expo startする前には必ずandroid studio側でシュミレータの起動をしないといけない。

isoなら自動で起動するんですけどね・・・

ちなみに環境変数は、以下のリンクと違い、expoの公式にある通り以下のコマンドで設定するようにした。どちらも同じだけどワンライナーでできるぶん公式のほうがかんたん。

[ -d "$HOME/Library/Android/sdk" ] && ANDROID_SDK=$HOME/Library/Android/sdk || ANDROID_SDK=$HOME/Android/Sdk
echo "export ANDROID_SDK=$ANDROID_SDK" >> ~/`[[ $SHELL == *"zsh" ]] && echo '.zshenv' || echo '.bash_profile'`

echo "export PATH=$HOME/Library/Android/sdk/platform-tools:\$PATH" >> ~/`[[ $SHELL == *"zsh" ]] && echo '.zshenv' || echo '.bash_profile'`

https://qiita.com/krile136/items/47b2e2cf2a7e586b6da3

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。