アプリ開発で使えるAPIサービス

Pocket

最近アプリ開発をするようになっているが、よくあるのが、バックエンドの準備がめんどくさいということ。

firebaseとか使えば、まあGUIでポチポチできなくもないけど準備するのもめんどくさい。金額も気にするのも面倒。ライブラリを入れるのも面倒。

その時使えるのが、以下のサービスです。

データAPIとして利用可能なAPI

newsAPIです。汎用的な使いかとしてめっちゃ便利だと思う。

結局データを取得してアプリ側で描画をするというフローはどのアプリもあるから、モックアップを作るにあたっては、この形式で準備すればだいぶ時間を節約できる。

https://newsapi.org/

ユーザデータとして利用可能なAPI

https://randomuser.me/

ランダムユーザAPI。

これがいいのは、ユーザの画像もちゃんと含まれてるので、モックアップを作るには必要なデータがちゃんと揃ってる。

日本だとこういうサービスあんまりないけど英語圏だと結構ある。そのため、アプリ側ではちゃんとマルチバイト文字の対応とか必要に応じて対応がいると思うが、まあモックアップのレベルではそれすらいらないかも。

コメントを残す