Perlの記号、特にカッコがわかりにくいので、自分用にチートシートをまとめた。

Pocket

perlのカッコは本当に分かりづらい。
特に、配列、ハッシュ、リファレンス、デリファレンス、無名配列、無名ハッシュの作成については、よく混同する。

そのため、以下の通り、自分用にチートシートにまとめた。
(かなり適当だけどw)

●配列の作り方
 ・定義
  my @num = (1,2,3・・・・);
 ・配列のへのアクセス
  $num[2]
 ・配列への代入
  $num[1] = 100;
●ハッシュの作り方
 ・定義
  my %num = (time => 10, english=> 100, math => 500);
 ・ハッシュへの代入
  $num{science} = 100;
 ・ハッシュへのアクセス
  $num{time}
 ・ハッシュキーの取得
  my @subject = keys %num;
  (sortしたいとき) my @subject = sort keys %num;
●リファレンス
 ・スカラー変数の場合
  my $message_re = ¥$message;
 ・配列の場合
  my $nums_ref = ¥@nums;
 ・ハッシュの場合
  my $score_ref = ¥%score;
 ・二次元配列の作成例
  my @nums1;
  my @nums2;
  my @array_of_array = (¥@nums1 , ¥@nums2);
●デリファレンス
 ・スカラ変数
  ${$nums_ref} or $$nums_ref
・配列
   -デリファレンス
    @{$nums_ref} or @$nums_ref
   -一つの要素へのアクセス
    ${$nums_ref}[0]; or $nums_ref->[0];
 ・ハッシュ
   -デリファレンス
    %{$nums_ref} or %$nums_ref
-一つの要素へのアクセス
    ${$scores_ref}{english}; or $scores_ref -> {english};
●無名配列
   my $nums = [1,2,3];
●無名ハッシュ
   my $scores = {math => 90, english => 100};

コメントを残す