MBP2011earlyモデルのメモリを増設した!

Pocket

私は、FreeMemoryというMACのアプリケーションを利用している。

FreeMemory

これを利用することで、メモリの利用状況が分かる。
ちなみに、私の環境は、MacBookProの2011early、メモリは4GBである。

このアプリを使って、分かったことが、Chromeがメモリを3GB以上食っていることが分かった。
私は、タブでがんがんページを開くのだが、10ページを超えたあたりから、メモリの空きがなくなり、動作が、止まる。

そこで、思い切って、メモリを追加することに決めた。

最近のメモリはかなり安い!16GBで9000円を切る!

安い。とにかく安い。
私が買ったのは以下のメモリ(とドライバ。)
ちなみに、ドライバも買うことを強くお勧めする。

macのねじは+ドライバの00というサイズ対応だが、一般のドライバセットとかにはだいたい入ってない。

シー・エフ・デー販売 ノートパソコン用メモリ DDR3-SODIMM PC3-10600 CL9 512x8Mbit 2Bank 8GB 2枚組 W3N1333F-8G シー・エフ・デー販売 ノートパソコン用メモリ DDR3-SODIMM PC3-10600 CL9 512x8Mbit 2Bank 8GB 2枚組 W3N1333F-8G

シー・エフ・デー販売
売り上げランキング : 3420

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ドライバ


上記を購入して、後は、以下のサイトを参考に作業を行った。

http://yucomac.blog96.fc2.com/blog-entry-563.html

MBP2011earlyモデルは公式には8GBまで、実際は16GBまで対応

ネットでいろいろと噂されていますが、実際に、16GBまで対応していました。
噂は本当のよう。

増設して動作がめっちゃ早くなった。

増設して分かったが、私はメモリを平均で10GB程度使っていた。
特殊な使い方はしていないが、
webサーフィンが大好きなせいかもしれない。
そのためか、増設してから、快適さを体感ですごく感じる。

今の時代、1万円をきった価格で、16GBに増設できる。
これは絶対にやるべきです。
私は、早くやらなかったことに後悔。

コメントを残す