沖縄旅行をしたので、これから沖縄旅行に行く際に役に立ちそうな情報をまとめてみる

Pocket

9月上旬に3日間、ビーチでのマリンスポーツをすること、首里城などの世界遺産を見に行くことを目的として沖縄へ旅行しました。
旅行をする際に、沖縄について、雑誌1冊、書籍2冊、ネットサーフィンにて情報収集をして、計画をたてましたが、実際に現地にて活動すると、計画通りいかないことが多々ありましたので、それについてまとめます。

ホテル選びについて

ホテル選びですが、これは沖縄旅行の目的にあわせてホテルを選ぶのがいいと思います。
詳しくはこれから説明します。

●マリンスポーツやビーチへ行くなら沖縄西側の中部、北部のホテル

沖縄のビーチは主に北部、中部に集中しています。
沖縄の中部には、有名な残波岬、真栄田岬があります。
その周辺には隠れビーチが様々にありました。隠れビーチのため、水は濁っておらず、澄んでいて、熱帯魚も生息していて、
まるでプライベートビーチの感覚で楽しむことができます。

また、北部には水納島のビーチ瀬底ビーチなど、随所に綺麗で有名なビーチがあるため、
ホテルを周辺に予約していると、十分に海を堪能できます。

早朝の時間帯の海は、魚もたくさんいて海が綺麗な状態です。ホテルが近いと早朝に海水浴もたやすくいけます。
総じて、中部、北部のホテルであれば、移動時間が短縮される、また、海からホテルが近いため、ロッカー代金や駐車場料金が必要なるなる等の理由から、安く、そして、早朝にビーチへ行くことが容易となるため、より堪能できるかと思います。

●世界遺産、グルメ、買い物を楽しむなら沖縄南部のホテル

沖縄南部には、首里城、斎場御嶽など、有名な世界遺産が存在します。
また、よくテレビなどで、特集されるグルメや、買い物スポットは国際通りという場所なのですが、その通りも南部にあります。
それらを観光するには南部のホテルに滞在するのがいいでしょう。
また、国際通り周辺は特に駐車料金が高めに設定されているので、車で向かうよりは、南部のホテルからモノレール等の公共交通機関に乗って、いくことをお勧めします。

沖縄中部、北部は公共交通機関は南部ほどないので、その点も考慮すると、やはり南部のホテルがいいかと思います。
ちなみに、私は、南部のホテルに滞在しましたが、やはり、買い物、グルメをするにはとても便利でした!

マリンスポーツについて

blue
Creative Commons License photo credit: cotaro70s

マリンスポーツは様々にありますが、ここでは私が沖縄で行ったシュノーケリングについて説明します。

私は沖縄で有名な青の洞窟というスポットを「マハエ」という業者に委託し、シュノーケリングで見に行きました。
水中でのカメラ撮影込みで、料金は4000円でした。(駐車場、ロッカー代、シャワー代は別)
業者にしてもらえることは以下の通りです。

・青の洞窟まで案内
・熱帯魚への餌
・ウェットスーツ、シューズ、シュノーケル、グローブ、救命胴衣のレンタル
・写真撮影
・青の洞窟の説明

だいたい、2時間くらいのツアーでした。印象として、ダイビングと違い、シュノーケリングは業者に依頼をする必然性はないため、自分でシュノーケルを購入して自分で青の洞窟まで散策した方がおもしろいという印象を受けました。

業者に依頼すると、自分のみたいところへ移動させてくれません。
また、青の洞窟のスポットは真栄田岬からすぐ近くのため、泳いで移動することも容易です。
シュノーケルを購入すればその後のビーチでの遊びも格段に楽しくなると思います。
あくまで参考ですが、自力でやることをお勧めします!

グルメについて

石垣島のパイナップル
Creative Commons License photo credit: norio.nakayama

沖縄ではゴーヤチャンプル、沖縄そばなどの地元特有の料理が豊富にありますので、それらを食べ歩くのも沖縄旅行には欠かせないと思います。
また、それだけではなく、沖縄はビーチ、大自然が存在する街並のため、都会では味わうことができない、絶景の見晴らしのカフェ等も沖縄ならではの楽しみ方かと思います。

●見晴らし抜群のカフェ

今帰仁城跡 (Nakijin Castle Site)
Creative Commons License photo credit: cyber0515

おすすめカフェは2カ所あります。

①カフェくるくま

アジア料理を基本とする、カレー屋です。場所は沖縄の南部にあります。
食べログでも好評価を得ているカフェで、実際にいってきましたが、眺めは絶景で且つ、料理はとても絶品でした。
カップルで沖縄に行くなら絶対にいくべきお店だと思います。
なお、人気店のため、12時前後から行列となっていました。もしいくのであれば11時半までには入店しているとスムーズかと思います。

②fuucafe

こちらも眺めが絶景のカフェです。場所は沖縄の北部にあります。
こちらは沖縄料理や、パスタなど、様々な料理が楽しめるカフェでした。
個人的な感想としては、カフェくるくまのほうが料理、眺めともによかったです。
こちらも、人気店のため、11時半までには入店する方がよいかと思います。

 

●地元料理を安くおいしく食べれる居酒屋

まーちぬ屋がおすすめです。絶対いくといくべきだと思います。

まず、料理が非常においしいです。料理は沖縄料理がメインで、ゴーヤチャンプルーや、ラフティーなど豊富なレパートリーがありました。
また、値段も、観光客価格ではなく、600円弱/品程度の安い価格を設定しています。また、サービスも非常によくて、サービスで食後のパイナップルを出してくれてたり、量が多い場合は少なめにしてくれるなどの配慮をしてくれます。ただし、非常に人気店のため、平日で席が満員のことが多いです。いく際にはぜひ、予約をしてくといいと思います。私も平日に行きましたが。満席でした。

その他、おすすめスポット、注意事項

おすすめスポットや沖縄旅行について、注意点をせつめいしますので、ぜひ参考して下さい。

[ad#co-2-1]

●移動手段について

沖縄の公共交通機関はあまり発達していません。そのため、上記に記載した、隠れビーチや、カフェにいくことができません。
そのため、沖縄の移動手段はレンタカーにて移動することをお勧めします。

自分でレンタカーを予約するのもありですが、ツアーによっては、レンタカー付きのツアーもあります。ツアーに組み込んだ場合は旅行会社がレンタカー会社と提携して、特別価格で設定ているため、自分で借りるよりは安く借りることができますので、レンタカー付きのツアーを組むことをお勧めします。

そのため、旅行では、運転中、飽きないように、CD、IPODを聞くために、BUFFALO FMトランスミッター miniプラグ スイッチ式 低ノイズ設計 ブラック BSFM11BK
を忘れないようにしましょう。
また、ETCカードも必須です!

●美ら海水族館

ジンベイザメ
Creative Commons License photo credit: wave34

大変おすすめの水族館です!館内の魚は、熱帯魚やさんごなど、熱帯地方でしか、みることができない魚が存在します。また、なにより、この水族館には巨大水槽があり、そこに、ジンベエザメや巨大なマンタがおり、ものすごい迫力で、見応え抜群でした。

もちろん、定番のイルカショーもありました。さらに、水族館の近くには綺麗な公園も敷設されており、演出もとても綺麗でした。
*ちなみに、ここの水族館のチケットは、沖縄のファミリーマートで1割引で購入することができますので、水族館への道中で、購入することをお勧めします。

●あしびなあアウトレット

空港近くにあるアウトレットショッピングモールです。規模は非常に小さいです。
沖縄旅行最終日、空港に早く到着しそうな場合に、こちらへ寄り道をして、時間をつぶすという感覚で使えばとても便利がいいかと思います!

●美浜アメリカンビレッジ

こちらではアメリカの雑貨、アメリカのファッションブランドの衣類等が購入することができます。
私個人的に、特にオススしたいのが、夕方にいくことです。敷地内に、サンセットビーチという場所があり、そこでは地平線が見えるのですが、夕焼けがとても綺麗にみることができました。

●コンビニについて

沖縄のコンビニはどういうわけか、私の感覚では、ローソンと、ファミリーマートしかありませんでした。
特に問題はないかと思いますが、銀行だけは注意するべきかと思います。一部の銀行はセブンイレブンのATMしか対応していない銀行がありますので、出発前によく確認していただき、セブンイレブンのみの対応の場合は、現金を多めに持っていく必要があるかと思います。

コメントを残す