LPICレベル2を受験する人には知っておくべきこと

Pocket

つい先日、私はLPICレベル2を受験しました。

LPIC's mascot : back
Creative Commons License photo credit: jim212jim

LPICレベル2のレベルは容易である、とか、初心者向けであるとの意見が多かったので、2週間程度の勉強時間で試験に挑みました。
しかし、実際に受験しましたが、見事に不合格となり、受験費用、3万円を失いました。

そこで、これからLPICを受験する人に向け、行うべき勉強方法をお伝えします。

黒本では問題数、難易度が圧倒的に足りない

私は黒本を過去問と同じような認識で問題を解いていました。
また、黒本が解けるようになれば合格点と認識していましたが、まったく歯が立ちませんでした。

そのため、「ping -t」などの別の問題集を探すべきかと思います。

小豆本は隅々まで読み込む

とにかく小豆本の隅々まで読む必要があります。

本には重要ポイントをいくつか記載していますが、
実際の試験では重要ポイント以外の場所が多数問われます。

とにかく、「正確に」「細かく」読み込む必要があります。

まとめ

初心者向けの試験ではないと思います。
しっかりとした対策が必要です。

コメントを残す